センター英語 大学入試

目指せ180!2018年センター英語を解いていこう①

更新日:


大学受験ランキング

センターまでおよそ半年。なのでセンター英語とセンター国語をちょこちょこと解いていこうと思います。まずは英語から。

センターに進む前に

センター英語って苦手な人は苦手なのかな?単語の意味がまるっきりわからん、という人はなかなか難しいと思うが、まあまあわかるよ、語句とか熟語とか勉強させられたし、という人なら結構できるようになると思うよ。なにせ英語は5教科の中でも群を抜いて簡単だから。

なぜセンターは簡単なのか

センター英語は英語の試験です。当たり前ですね。英語を頑張ってきた人なら9割は楽勝、満点も夢じゃない試験です。じゃあ5割6割の人はどうなんだ、ってことになるけど、そういう人はまず何はさておきセンターの過去問か、各予備校のセンター実戦問題集あたりを見てください。まあ文法問題はいったん置いておくとして、第4問以降は長文が並んでますよね。ここが解ければ簡単に高得点が取れます。で、高得点とるにはさほど難しいことではありません。

長文を読んでいこう



去年の場合、配点は第4問が40点、第5問が30点、第6問が36点となっています。各問いに対する配点も5~6点で、ここで落とすとかなりキツいのはお分かりの通り。ですがということは裏を返せば長文問題を解くだけで106点がもらえるということ。長文問題がこなせれば7~8割の得点を狙うのにかなりしっかりした土台ができるはずです。

長文の訳に目を通してみよう

まずやって欲しいのは長文の訳に目を通すこと。読んでみた人に聞いてみるけど、センター国語の評論文などと比べて、圧倒的に簡単だよね?中学生の教科書レベルの簡単さ。例えば2018年の第4問はこう始まる。

第4問の訳

「色は様々な製品を買うときに消費者によって考慮される重要な特徴である。マーケティング会社は,小売店で購買意欲や望ましい雰囲気をもった色を確かめておく必要がある。しかし,個々の品物について,どの色が人気になるかを予想することは容易ではない。製品の種類によって,消費者は好みが異なるからである。ここに報告されている調査を通して,私たちは色が消費者に与える影響に関する理解を深めることができる。(以下略)」

簡単だ。ほんとにセンターなのか戸惑うぐらいだ。でもきっとこう思う人もいるだろう。「問題が難しいんだよ!」じゃあ上記の訳文にかかわる問題を見ていこう。

第4問  問1

「本文には消費者がどの色を好むのか分かりにくいとあるが,その理由は...だからである」

① 色の好みが世代ごとに異なる

② 消費者の好きな色が製品の違いによって異なる

③ 製品のマーケティング担当者が最も人気のある色を選ぶ

④ 買い物をするとき様々な製品が消費者に購入される

解答は②だ。当たり前だ。これを外すのはある意味天才的だ。だって「製品の種類によって,消費者は好みが異なるからである。」って書いてあるんだから。間違いようがない。センター問題作成者は人をなめてるんじゃないかと思うぐらいだ。

じゃあ英語ならどうなのか。それは次の投稿へ。

目指せ180!2018年センター英語を解いていこう②
目指せ180!2018年センター英語を解いていこう③



アクセスランキング


大学受験ランキング

楽天

お名前.com

Hulu

DMM

U-NEXT

-センター英語, 大学入試

Copyright© 名無しの果て , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.